O脚・X脚

O脚は内反膝やガニ股とも言われ、左右の内くるぶし(内果)をつけて、

つま先とかかとを揃えて立っている状態で、

膝の内側がつかずに外側に開いている(内反)している状態のことを言います。

原因は生理的な変形と病的な変形に分かれます。

生理的な変形の原因としては、

立ち方・歩き方の癖や足を組む癖、運動不足、不良姿勢などの日常生活での体の歪みです。

また、病的な変形の原因としては、骨の発育や形成不全、靭帯の損傷、ケガなどがあげられます。

生理的な変形の場合は特に痛みはなく、左右対称に膝が内反します。

片方のみがO脚になる場合は股関節や膝関節の変形、骨の異常などが疑われます。

起立した状態で内果をつけた時に膝の隙間が指3本分以上入る場合がO脚と診断されます。

 X脚は外反膝や内股とも言われ、膝の内側をつけた状態で立った時に

左右の内くるぶしがつかない状態のことをいいます。

日常生活での座り方や立ち方、歩き方や不良姿勢など

体の歪みにより筋肉がアンバランスにつくことによってX脚になります。

一般的なX脚の場合は痛みはありませんが、進行すると痛みや変形を引き起こします。

O脚、X脚ともに体の歪みから進行していくことが多いので早めにご相談下さい。

ページトップへ